MENU

一般財団法人
腸内フローラ移植臨床研究会

弊社は「一般財団法人 腸内フローラ移植臨床研究会」の賛助会員として、
その理念である、「腸内フローラ移植の研究開発及び臨床研究を通して、
人々の健康に寄与する活動」を応援しております。

弊社、フローラ健康科学研究所の会員様には
「腸内フローラ移植」に関する医療機関のご紹介を無料で行っております。

「腸内フローラ移植」とは?

「腸内フローラ移植」とは、糞便微生物移植(学名:Fecal Microbiota Transplantation)とも
便移植とも言われる医療行為です。

便移植は欧米諸国では何十年も前から研究が進んでおり、
2013年にオランダの研究チームが行った治験が成果をあげたことで注目を浴び、
2014年にはアメリカ政府機関FDAが通常医療としてその効果を認めています。

日本においては2015年2月22日に報道されたNHKスペシャル「腸内フローラ 解明!驚異の細菌パワー」にて
アメリカで実際に医療として普及している「便移植」が紹介されました。

「一般財団法人 腸内フローラ移植臨床研究会」においても既に
「アトピー性皮膚炎や慢性的な下痢の解消」といった多くの症例事例を紹介しております。

腸内フローラ移植についてはこちら

特に当研究会の移植は、腸内フローラに詳しい臨床医による移植前後のサポート、
質の高い移植菌液の精製や、移植後の生着速度、高い生着率が特徴です。

一般的な方法との違いについて